Technologies

HISTORY独自の品質基準で調整して出荷セットアップ

HISTORYは、一般的なギターより高い品質基準を掲げています。
その品質基準を満たすため、工場出荷前に特別なセットアップを行っています。
そのセットアップの工程をご紹介いたします。

1.事前準備

事前準備

外観チェック
傷・汚れ・打痕・ムラ・杢目など全ての部位にわたり確認します。
ネジ・ペグチェック
全てのネジに緩みがないか確認し均等な力で増し締めを行います。
ペグナットは締めすぎないよう手にかかる重さで慎重に増し締めします。
増し締めを行うことでサウンドもよりタイトに響くようになります。
電装確認を行います。
ボリューム類やスイッチなど、全ての部品が正しく機能するか確認します。

2.基本セットアップ

基本セットアップ

チューニング・ブリッジ弦高の設定
14フレット上で測定し、フレット頂点と弦との隙間が設定値になるよう調整します。
(ギター:1弦 1.5mm~6弦 2.0mm ベース:1弦 2.0mm~4弦 2.5mm)
PUの高さ設定
ここでは一旦機種別の設定数値にしますが、最終的にはサウンドで微調整を行います。
この時に、チョーキング時のプレイアビリティ、弦高による音のハリ、音量をチェックし設定します。

3.ナット設定

ナット設定

ナットはギターセットアップの肝といえる部分であり、弾き心地、チューニングの安定、サウンドにまで大きく影響を与える場所です。
HISTORYでは特にナット加工に徹底してこだわりセットアップを行っています。
ファクトリーメイドながらも、ハイエンド工房のように手間隙をかけて、
専任スタッフが一本一本丁寧に仕上げます。

ナット調整
1F上で測定し、フレット頂点と弦との隙間が規定の数値になるようナット溝を調整します。
(ギター:1弦~2弦 0.55mm 3弦~6弦 0.60mm ベース:1弦、2弦 0.60mm 3弦、4弦 0.65mm)
ナット整形、磨き
弦溝は専用ヤスリを用い、弦高調整はもちろん、弦と直接当たる底面の形状や 角度なども調整します。
快適な押弦やスムーズな弦移動を獲得し、弦振動のロスや音詰まりを排除したクリアなサウンドと、チューニングの安定をもたらします。
溝の調整後はナット上面を弦に対して適切な高さになるよう研磨、触感が滑らかになるよう側面までも整形して、コンパウンドで光沢が出るまで丁寧に磨き上げます。
チューニング再確認・調整
オクターブ調整

4.音を良くするセットアップ調整

音を良くするセットアップ調整

ここから先の工程には、決まった順番などはなく個体差や状況によってセットアップを進めます。

サウンドの確認
ビビりや詰まりが無いか、クロマチックで全てのポジションを弾きながら確認します。
聴覚を集中させるのはもちろん、弦の振動がおかしくないか目視でも確認し、少しでも違和感があればナットやブリッジ、フレットや弦に及ぶまで原因追求し改善します。
これらの工程を繰り返し、納得のいくサウンドに仕上げます。
弦ごとにビビりや詰まりが無いかチェック
弦の振動がおかしくないか、目視でも確認します。
ナット溝にヤスリを軽く当て、音抜け・アタック音をチェックします。
これらの工程を繰り返し、全ての弦の音を均一にします。

5.最終仕上げ

最終仕上げ

アンプを使って確認
あくまで水平に一音一音均等に当て、サウンドをチェックします。
生音とアンプから出てきている音が、そのままのキャラクター出ているか確認し、両方の音をよく観察します。
さらに6弦から1弦までのサウンドバランスを傾聴し、セッティングを行います。
仕上げ・ワックスがけ・指板オイルを塗り拭きあげ
響きにも影響しますので、丁寧に行います。

HISTORYは、以上の工程で独自のセットアップを行っています。
それでは、実際に行っている工程をご覧ください。